この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

更年期の体の状態の変化にどのように対応していくか。

主人公は、自分です。

更年期障害で苦しんだり辛かったりとする時、治療方法を模索、探究して自分が一番、快適に暮らせるようにしたいものです。治療をして治ることなら、治したいと思いませんか。治療方法は、一つでもないだろうし、探究していく気持ちが大切であるとも思いませんか。
また、治療の作用を副作用も医師にしっかりと悪人しておきましょう。
そして、可能であれば、医師とのお話に立ち会ってくださる方がいると心度良いと思うのです。それができなければ、きちんとメモをとっておくと安心感も増すことになるとも思えます。
聞き間違いの無いようにしておくと自宅に帰ってからも見返すことができますからね。

そして、心が安らぐ音楽なども揃えておくと、いいかもしれないですね。

誰かに迷惑をかけていないでしょうか。

自分の人生は、自分のものですが、自分だけのものでは無いですからね。周囲の大切にしたい人にとっても、笑顔になることをしておくと、こちらも笑顔が伝染してくるのでは無いでしょうか。と、いうことは、更年期の障害で苦しんだり辛そうにしている表情を周囲の人にむせることで、周囲の人も苦しんで居る可能性もありますよね。
なので、お互いに笑顔になるように治療する医療機関や医師の意見なども一緒に聞いていただけるような関係を日ごろから作っておくと、幸福のボリュームも広がるのではないでしょうか。また、先人の知恵を拝借するのも良いかもしれないですね。母親世代の方の事例を尋ねるなどをすると、自分だけじゃないんだと言う安心感もいただけるかもしれないですね。